赤ニキビは皮脂のバランスやお手入れが原因

赤ニキビを含め、ニキビが出来る原因には肌の皮脂のバランスが悪いことがあります。

皮脂が異常に分泌されると、毛穴のつまりの原因となります。毛穴にはメイクの残りや古い角質などが詰まりますが、皮脂が余分にあることで、毛穴も広がりやすくなり、汚れも入りやすくなってしまいます。

このため、健康な肌には皮脂が正常に分泌されていることが必要です。皮脂をコントロールするのは肌の水分量です。それぞれの肌の質によって原因は異なりますが、乾燥肌の場合には、肌本来の力で保湿をする為に、皮脂が多く出てしまいます。そのためにTゾーンの目立ったテカリが気になってしまいます。しかし洗顔を繰り返してしまうことは、さらに状態を悪化させることになります。

肌に充分な皮脂を残すためには、洗顔は朝晩の2回にしておきましょう。洗顔後は必ず保湿化粧品を使ってください。

化粧水や乳液で、しっかり肌に保湿をして水分を閉じ込めることが必要です。お風呂上りの毛穴が開いた状態は特に水分を吸収しやすくなっていますので、たっぷりと保湿をすると効果的になります。

赤ニキビには、まず乾燥肌をふせぎ、皮脂のコントロールをすることを忘れないでください。

肌が皮脂でテカっているときは、ぬるま湯だけでの洗顔で大丈夫です。洗顔料を使うと、必要な皮脂まで無くなってしまいますので、肌はしっとりしている状態に、常に保てるように心がけましょう。

特に赤ニキビは肌の乾燥を防ぐことが大切です。
更に効果的に治したい方はニキビ跡消す化粧水も調べてみると良いでしょう。