肌の回復を促すために

赤ニキビはすぐに対策をとらないと、皮膚の奥まで傷付いてしまうことがあります。

正しい方法でのニキビケアをしないと、ニキビ跡になってしまいますので注意が必要です。

赤ニキビが出来たら、まずは炎症を抑えることが必要になります。ニキビの表面が盛り上がっている状態は、かなり進行していますので、絶対に指で直接触るようなことは避けましょう。

赤ニキビはアクネ菌などの雑菌が毛穴にはいってできることが原因です。炎症を起しているときは潰したりすることはしないで下さい。さらに悪化してしまいます。

炎症を抑える外用薬などが市販されていますので、まずは雑菌をして炎症を抑えてください。そして同時に保湿化粧水で肌全体を保湿しておくことが必要です。

スキンケアをする際も、手のひらや指は必ず清潔であることを確認してくださいね。ニキビが出来やすい肌の方は、敏感肌の場合が多いのです。

外部からの刺激をブロックする機能が減少していますので、使うスキンケア商品も低刺激のもので、保湿効果の良いものがいいですね。

そしてビタミンCは、肌の再生を活発にしますので、ニキビがあるときには効果的です。ビタミンC誘導体が配合されているクリームや化粧水、美容液などを、ニキビのケアに使ってください。

洗顔をするときも肌を刺激しないように注意が必要です。
肌を清潔に保ちながら、保湿を続けることがまず最初に必要な、赤ニキビの対策になりますね。