治らない…と思ったらすぐ相談

ニキビは自分で簡単に治せる場合と、状態が悪化している時には皮膚科で診察をしてもらうことが必要です。

正しい方法で治療をしないと、肌にニキビの跡が残りますし、ニキビの状態をさらに悪化させて炎症を起してしまうこともあります。

皮膚科での治療はそのニキビの原因に基づき適した内服薬や外用薬が処方されます。自分でドラッグストアで外用薬を買うと、実はまったく効果が無いものを選んでいることがあります。

ニキビは10代の頃のものと、大人になって出来る大人ニキビでは原因がまったく異なります。薬もそれぞれの状態に合わせて作ってあるために、薬をつけても治らない、というときは自分のニキビがその薬では効果がないのです。

そのため、自分でケアをして正しい薬を使えば、綺麗に赤ニキビも治す事はできますが、皮膚科で治療をしてもらうほうが安心ですね。

皮膚科での薬には抗炎症剤と抗生物質があります。抗炎症剤はアクネ菌などの雑菌を殺す目的で使われます。

雑菌が毛穴にはいりこんでしまうとニキビも赤ニキビや白ニキビなど、状態も色々異なります。ダラシンやアクアチムといった外用薬が有名ですね。

抗生物質は炎症を抑える効果がありますので、ニキビの赤みや痛みの原因となる炎症を改善することが出来ます。

内服薬や外用薬がありますが、ニキビの状態によって薬が処方されます。
薬でニキビを治療する場合は、ほかには漢方薬を使う事やビタミン剤などが効果があります。