素肌に近いナチュラルメイクをすることがコツ

赤ニキビや白ニキビ、とても目立つのでメイクで隠してしまう方も多いのではないでしょうか。

ファンデーションを多めにつけたり、もしくはコンシーラーでポイント的に隠すことなど、赤ニキビは炎症をおこしている状態ですから、メイクをすることはなるべく避けたほうが安心です。

特に毛穴を詰まらせるファンデーションは、赤ニキビにはさらに負担となりますので、注意が必要です。

しかし赤ニキビは特に目立ちますので、メイクをどうしてもしたくなりますよね。メイクをするときの注意としてはまずスキンケアの段階でしっかり保湿をすることです。

そしてなるべく素肌に近いナチュラルメイクをすることがコツですが、使うファンデーションはリキッドのものよりもパウダーの方が安心です。

リキッドは毛穴を詰まらせる原因となります。カバー力がリキッドの方が高いのですが、その分毛穴には負担になっているのです。赤ニキビがあるときはパウダーを使ってください。

保湿成分が配合されたファンデーションも最近ではよく見かけます。赤ニキビがあるときには、肌の乾燥を守るように心がけましょう。

ファンデーションをつけるときにも注意が必要ですが、ブラシを使う事は毛穴を刺激しますので、特に赤ニキビにはよくありません。

パフで軽くつけるか、ブラシを使うときも毛の柔らかいもので、清潔なものを使いましょう。メイクをするときは外部からの雑菌にもよく注意をしてくださいね。