刺激を少なく、優しく洗う

ニキビが赤い状態は炎症を起してる場合が多いの、あまり指でいじったりすることは避けましょう。

外部からの雑菌を避けることが必要になります。赤いニキビの場合には、まず正しい洗顔方法で毛穴の汚れを綺麗にすることから始めます。

しかし洗顔は肌を擦り過ぎると、ニキビを悪化させる原因になりますので、洗顔をする際には泡をたっぷり使って肌に押し付けるように洗顔をします。

泡はもっちりして弾力がでるように、泡立てネットを使うと綺麗な泡ができます。泡を肌に押し付けて、細かい粒で毛穴の汚れを取るようなイメージです。

この時に肌を強くこすらないようにする事が大切です。特に赤いにきびは炎症を起していますので注意をしましょう。

使う洗顔料は、薬用成分の入ったものなどが好ましいですが、刺激の少ない洗顔料を使ってください。

薬用石鹸には炎症をおさえる働きがありますので、赤いニキビには効果的に洗顔をすることができます。肌を乾燥させないように、皮脂を充分に残すことも必要ですから、保湿効果の高い洗顔料もニキビのケアにはいいですね。

そして洗顔後に顔をすすぐときは、しっかり時間をかけて綺麗に石鹸成分を流しましょう。顔に付いた泡が見えなくなっても、成分が肌に残っていることはよくあります。

何度もすすぐことで、肌に残った刺激の強い石鹸成分をおとし、ニキビの予防になります。

赤いニキビの部分はなるべく刺激をしないように洗顔をしてくださいね。